2014年小田純平ライブツアーにギターリストとして参加していただく笛吹利明さんとの対談
ヴォーカリスト小田純平とギターリスト笛吹利明のNOWをお届けします。
ヴォーカルは最高の楽器
小田「よろしくお願いします。」
笛吹「こちらこそ、よろしくお願いします。」
小田「僕は、ギターを弾いて歌うシンガーソングライターとは称してはいますが、元々が歌うことが大好きで、というのも親父がどさ回りの劇団を組んでまして、そこで3歳の時から歌ってたんですけど、それからずっと歌が好きで、高校時代にフォークソングというのに出逢って、それでギターを持って歌うようになったんです。だけど!だから?ギターは上手くないんです。(笑) 今回、笛吹さんに一緒にライブをやっていただくということで、嬉しいような、、非常に、こうえ…ふんぞり返ってますが、緊張しています。」
笛吹「いえいえ、こちらこそ、よろしくお願いします。ありがとうございます。」
小田
「笛吹さんのイメージって僕の中で長渕さんとかね、いろんな…トップミュージシャンのサポートやプロデュースをされてきた方であるというのは前々から知ってたんで、今回、僕のライブを手伝っていただけるっていうのは、想像もしてなかったですね。初めてお会いしたときには、『なんか自分に雰囲気似てるな』と感じました(笑)」
笛吹「(笑)いんじゃないですか?いや、僕はね、ヴォーカルって最高の楽器だと思ってるんですよ。他のピアノ、ギター、なんでもいい楽器ですけども、その中でもヴォーカルはトップだと思ってるんですよ。で、その素晴らしいヴォーカルのバックを弾くのが大好きで、だから、小田さんの歌聞いて、声いいし、歌心あるし、もう、こちらこそよろしくお願いします。」
小田
「あんまり褒められることがないんで(笑)そう言われると照れますね。」


ギターと会話してる感じ
小田「今日、初めて音合わせして笛吹さんのギターを間近で聞かせてもらって、歌の世界にすんなりと入れて、ヴォーカルとしての喜びっていうんですかね、、、、まぁ、普通レコーディングのオケとかすごく楽器がいっぱいある編成だと、『どうぞーー!!』っていうフレーズが必ずあるんですよ、で、歌に入る時に気持ちよりも音に後押しされてスタートするっていう感じもあるのですが、今回笛吹さんのギターを聞かせてもらって、一緒に歌わせてもらって、スーってすごく丁寧に『どうぞ…』って音が一瞬消える時があるんですよね。『あっ、こっからいろいろな物語が始まるんだな』って僕の中ではそのドラマがしっかりとゆっくりと幕が開いて、すごく心地よく歌に入れたっていうのが僕の印象なんですよね。」
笛吹「そういう風に言っていただけると本当に嬉しいです。僕はあんまり歌を邪魔してごちゃごちゃフレーズを入れたくないんですよ。やっぱ、歌をいかに引き立てるかっていうところで、僕のセンスだと、なんていうのかな…あんまり空いてるとこ全部埋めたりしたくないんですよね。で、僕自身、演歌の方のレコーディングもやったことあるんですけど、あぁいう演歌フレーズ弾いても演歌にならないんですよ。僕が弾くと。味が違うんすね。だから、やっぱりアレンジャーもそれ分かってるんです。最近、僕にはそういうフレーズを望んでこないんですよ(笑)。」
小田「間奏とか歌の途中でギターが聞こえてくるんですけど、『ここはこういうタメがあるんだな』っていうのが、ギターとなんか会話してる感じがして僕はすごく嬉しかったですね。例えると、自分一人で歌ってるんじゃなくてギターと一緒に歌えてるっていうことを、それを強く感じました。」
笛吹「嬉しいです。」
小田「だから、これからがとても楽しみになりました。だから…決して見捨てないようにしてください。(笑)」
笛吹「こちらこそ(笑)」
小田「とにかく、僕はギター下手なんで…」
笛吹「いやいや、上手くなる必要全然ないですよ。自分の歌のバッキング弾いてればいんですよ。」
小田「出来れば、一緒にやってる間に少しでもギター習えたらいいかな?。(笑)」
笛吹「大丈夫です。もうバッチリですよ!」
笛吹「僕はですね、歌を聞いて、その時に、演歌・フォーク・歌謡曲っていう分類を僕の中では全くしてないんですよ。僕なりの感覚でバッキングしています。だから、もう、ほんとに『小田さんの!』センスで歌っていただいて、それに合わせて、僕も『今日はこうやって弾くぞ!』とか、決めてませんから、その時、その雰囲気で弾きますから、よろしくお願いします。」
小田「あ〜もう、それが一番嬉しいです!僕も、日々ね、人間って感性で生きてる人間だから、どうしてもその日の体調だとか、その日の気分で自分の中のリズムっていうのが少しずつ微妙に狂ってくるんで。今日、笛吹さんは…僕が歌ってから、その後またギターを録り直してくれましたよね?僕のヴォーカルを聞いて、『あ、ここはこっちの方がいいな』と。そうやって下から支えられて僕はその上でちゃんと歌ってるなという感じがしたんですね。それが嬉しかったですね。」
笛吹「ありがとうございます。」
小田「いや〜もう……グッ!!!(笑)」
笛吹「(笑)」


伝えていかなければいけないメッセージ
小田「僕は50を過ぎてから、若い頃の音楽をもう一度聞き返したんですね。フォークソングが僕の元々原点で、それがきっかけで楽器を持ったんですけども、、当時聞いてた音楽には、ものすごい大切なメッセージが沢山詰まってましたね。全国をライブやキャンペーンで回ってると、いろんな人達の生の声だったり、ラジオを通じて便りをもらったり、世の中にはこんな辛い想いをして生きてきた人がいるんだなとか、極端な話死に直面した人だったりとか、そういう人達の話を聞いてるうちに、人にはその生き方の中に確かなメッセージがあって、そのメッセージに救われる人も世の中には沢山いるのだと思うようになりました。僕は音楽をやってるわけで、その音楽を通して何かできることあるんじゃないかと思ったときに、僕は50過ぎてからほんと等身大のメッセージソングをもう一回届けたいっていう気持ちになったんですね。そういう意味では私の中では原点回帰なんだと思います。  今、もう57です。笛吹さんは僕より先輩だと思うんですが、今回、一緒にやらせてもらう事で、伝えていかなければいけないメッセージを今まで以上に伝えられる気がしていますし、ちょっとずつでもいいから、一緒に作ってそして届けていかなければいけないなと思っています。そういう意味でもいい音楽を届けていきたいので、サポートしていただけたらなと思います。」
笛吹「そうですね。一緒に作っていきましょう。少しでも力になれればと思います。よろしくお願いします。僕的には、大人の方に対してのメッセージも確かにあると思いますけど、今日2曲録音して感じた事は、年齢関係なく、十分、若い人も聞いてもらえれば反応してくれると思うんですよ。分かってくれると思うんです。その辺は、僕は全く年齢とか男女も関係なく気にしてませんね。できれば、ほんと10代から60代70代までの人に聞いて欲しいです。」
小田「嬉しいですね。やっぱり人間としてね、みんなどうやって生きていくんだっていうのは年齢、性別関係ない永遠のテーマだと思います。若い人達にそういうメッセージが伝わってくれれば僕は一番嬉しいですけど、まぁ、せっかく50過ぎた大人になったつもりでいるんで(笑)大人の人にも聞いてもらいたいなというところもあって。(笑)」
笛吹「(笑)そうですね。その通りですね。」
笛吹利明

フォーク、ニューミュージック、ポップスのジャンルで、アコースティックギターのスタジオミュージシャンとして活躍。
現在迄に数千曲以上のレコーディングに参加。
サウンドプロデューサー、編曲家としても活動している。


HP http://www.shelly.jp/t-usui/


過去の記事

野上政幸(マガジンランド)
笛吹利明(ギターリスト)
新藤克人(音楽ライター)